イギリス生活~中盤~

お久しぶりです。


イギリス留学も折り返しなので中盤を書いていこうと思います。






アレックスちゃんに「彼女がいるので」とフラれました。

まぁ今回は言いたい事全部出し切ったというか、呼びつけて三時間クソみたいな英語で口説き続けてもダメだったのでなんとなくスッキリしてます。

まぁ結構好きだったのでわりと辛かったです。


ちなみにこの件でグダグダ言い続けてアリーナちゃんには絶交されました。

これ以上友達でいるの辛すぎるからとかなんとか。





色々メンタル終わっていた僕を救ってくれたのはクライミングでした。


実はクライミング結構好きで靴も買っちゃうくらいにはやってたんですけど、イギリスのジムはめちゃくちゃデカくて広いんです。


結構登れる方なのでみんな話しかけてきてくれて気分転換にも、英語の勉強にもなってすごく有意義な時間でした。


楽しみすぎて月パスを買い、レッドブルで身体を騙し続けて週5で通った結果、腕がぶつけてもいないのに内出血だらけになり、終いには一番簡単なのすら登れないくらいにボロボロになったのでしばらくはお休みです。





学校での生活はかなりうまくいってます。

と言うのも卓球したり、クライミングの動画を見せつけたりして「運動できるキャラ」になりつつあります。運動できるとこっちでは男から卓球やろうぜとかジム行こうぜとかいろいろお誘いがきます。


あと耳も慣れてきてだいぶみんなとスムーズに会話できるようになってきました。


バーやジムで現地の人達と話し続けたおかげか、英語綺麗だよ~って言われることも増えました。




バーといえば、この国にではホモセクシャルがあまりにも多いことに驚かされます。


ホモセクシャルとは日本でいうホモのことじゃなく、レズも含んだ、つまるところ同性愛者のことです。



バーにはよくそういったカップルがきます。

中には£100(14000円くらい)を握らせてきて「僕の前でシコるだけで良いから」と迫ってきた人もいます。


ほんとにイカつい人だったので本気で組み伏せられたら何も抵抗できないんじゃ無いかと今までに感じたことのない恐怖を覚えました。





1人暮らしはかなり順調です。

自分に料理の才能があることにビックリして色んなものを作ってます。楽しい。


料理洗濯とかは全然問題なく、ただただ寂しいですね。

家に1人は本当に辛くなるのでよくバーに降りて客にタバコもらって吸ってます。



真面目な話に戻ると、日本でいうTOEIC的な、かなりデカいテストが近々あります。


正直このテスト受けるために今回は来てるようなものなのでめっちゃ緊張してるけど、ジムに行ってしまい腕の痛みに嘆く日々を送っています。


このテストでぼちぼちな結果を出せれば英国の永住権(いらない)だったり、英語圏各国での大学院の資格を得られたりと未来が広がるのでなんとかなんないかなぁという感じです。


テストが終わったらいよいよ遊べるというか、少し羽を伸ばせるのでイタリアに行こうと思ってます。

イタリア人の友達が結構いるので、その子たちに案内してもらいつつ美味しいもの食べれたらなぁとか


日本にいるとわからないんですけど、ヨーロッパ間の国外旅行って安いというか、イタリアには飛行機で往復3万円くらいでいけちゃいます。


せっかくなので行かなきゃ損ですよね。いっぱい写真とか撮ってこようと思います。





生活には適応しつつあるものの、英語の成長をさほど感じません。


英語勉強しにきてるので結構色んな事をしました。

例えばTwitterできるだけしないようにしたりとか、こっちにいる日本人避けたりとか音楽も日本のやつ避けたりとか、親からの連絡すらほとんど返してません。



なんか効果あったんでしょうかね。

言語を勉強するのって考えていたよりもはるかに大変みたいです。


友達の枠に関しては前に話したように、アジア人とヨーロッパ人で分かれてるので絶対にヨーロッパサイドにいようと決め込みそっちで仲良くしています。


ほんとに彼らは圧倒的に喋る、喋る、喋る

現状会話の内容についていくのがやっとです。


「喋るの好きなんだよね笑笑」とか日本ではほざいていてもふつーにこのザマなので英語以前に性格の問題もあるなと感じます。


「英語以前に」といえば、授業でディベートしたりするんですけど、経済とか地理とか文学とか芸術とか色々な知識がなさすぎて日本語でもそんなん話せないよみたいなテーマをよく話します。


この間アートがテーマなディスカッションで、「ピカソゲルニカね、あれはすごい。 え?それ以外知らない」みたいなことしか言えなかった時はもう恥ずかしくて死にたくなりました。




たった1,2ヶ月で無理なことはわかっていてもこれだけ辛い思いをして少しの成長しか得られていないことに苛立ちや焦りは隠せないです。



生活環境、人間関係、金、勉強、そして何より言語。

これだけのストレスと戦って一体何が得られるのかなぁ。まだそれが見えてこないってことはそこたどり着くための努力が足りてないってことなんだよね



最後に1つしょーもないけど嬉しいことを。

ヨーロッパの友達に

「私のクラスにも日本人がいて、テストはすごいできるのに話すともう、アクセントやばすぎて何言ってんのか全然わかんないの!でも元気の英語はちゃんとわかるよ!」

って言われました。

すっごく救われた感じがしました。ヨーロッパ組と無理矢理にでもつるんでて良かったな、と。


きっと成長はしてるので悔いのないように残りのイギリス生活を送りたいです。